「Life is Strange」シリーズ

シリーズ概要

ライフ イズ ストレンジ - PS4

ライフ イズ ストレンジ – PS4

3,672円(10/04 12:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

スクウェア・エニックスが発売しているアドベンチャーゲーム。開発は海外のスタジオであるDONTNOD。

舞台は現代のアメリカで、海外の青春ドラマのような世界観が魅力。高校とその周辺が主なフィールドとなります。3Dでリアルに表現された世界を自由に歩き回るだけで楽しい作品です。主人公は少し不思議な能力を持っているのが恒例で、SF的な要素も含まれています。

第1作「Life Is Strange」が2015年にリリースされた後、その外伝(前日譚)である「Life Is Strange: Before the Storm」、「Life Is Strange 2」「Life Is Strange: True Coloers」などが発表されています。このうち「Life Is Strange 2」以外は主人公は女性であり、百合要素があります。

また、開発会社が海外の会社のため、当初は英語のみに対応した状態でリリースされるのが恒例です。後に日本語入りの家庭版が発売され、同時に海外版もアップデートで日本語追加されています。つまり数か月待てば日本語版がプレイできることになりますが、最速でプレイしたい場合は英語の理解が必要となってきます。

Life Is Strange

あらすじ

写真家を目指す内向的な女の子・マックスが主人公。幼馴染のクロエがある事件に巻き込まれたとき、マックスは自分に時間を「巻き戻す」力があることに気づきます。マックスは、行方不明の友人を探しているというクロエに協力することになりますが……。

みどころ

アメリカの高校を舞台に、マックスとクロエの青春ストーリーが展開されます。主な舞台は高校とその周辺であり、海外の青春ドラマを髣髴とさせる雰囲気です。基本的にはリアルな世界観ですが、マックスには時間を巻き戻す力があり、良いアクセントになっています。マックスの能力の使いどころかゲームの鍵です。

数年ぶりに再会したマックスとクロエの友情がメインテーマの1つで、ストーリーが進むにつれて絆はさらに強くなっていきます。選択肢によってはキスシーンもあり。さらにラストシーンでは、クロエかそれ以外の人達かという、究極の選択を迫られることになります。百合的には迷わずクロエを救う選択をしたくなりますが、シーン単位では逆の選択にも一見の価値もあったり。

後半の展開はシリーズの中でもかなりシリアスなもの。その分、強い印象に残る作品となっています。

Life is Strange: Before the Storm

シリーズ2作目。時系列は1作目から3年前となっており、一種の前日譚となります。

1作目で主人公マックスの親友であり、ヒロイン的存在であったクロエが主役となっています。クロエは特殊な能力はないものの、やんちゃな性格を活かし、マックスではできないような行動ができる場面もあります。表示される言葉を選んで会話をつなぎ、相手を言い負かすといったミニゲーム的要素もあったり。

ヒロインは、クロエの親友であるレイチェルです。クロエが当時から不良であったのに対し、レイチェルは一見、優等生の人気者。しかし複雑な出自ゆえに歪んだ一面を持っており、それにクロエが振り回されていくストーリーとなります。2人が恋人関係であるという明言こそされないものの、キスシーンがあったり、それを想像させる内容となっています。

1作目でのレイチェルの境遇を考えるとシリアスな結末もありそうでしたが、本作だけ見る限りはハッピーエンドとなっています。

また、2022年に1作目と本作をリマスター化のうえまとめた「Life is Strange Remastered Collection」が発売されています。

Life is Strange: True Colors

男性主人公だった「2」を挟んだ後、再び女性が主人公となった作品。2022年発売で、現時点で最新作。第1作から5年経っていることもあり、グラフィックは大幅に進化しています。

主人公はアレックスという女性で、他人の感情が色となって見える能力を持ちます。兄が巻き込まれた事件の真相を探すのが基本的なストーリーです。

舞台はのどかな山間部の町です。住人達は基本的に善人ですが、やむをえない理由で秘密を抱えている人もいます。アレックスの能力でそのあたりを上手く探っていくのがゲームの鍵となっています。

攻略対象は男性1人女性1人。うち女性のほうは、前述のBefore the Stormにクロエの友人として登場していたステフです。アレックスに協力する中で、愛情が芽生えていきます。キスシーンもあり。

また、ステフが主役のDLC「Wavelengths」も配信されています。こちらは恋愛要素こそないものの、ステフが女性を好きであることは各所で言及されています。「PRIDE」を祝っているシーンがあるなど、アメリカらしさを感じられて楽しいシナリオです。