明日ちゃんのセーラー服

あらすじ

日小路(あけび こみち)は、この春から中学生。通うのは母親の母校である蠟梅(ろうばい)学園中等部ですが、ここを選んだ動機は「セーラー服に憧れたから」というちょっと変わったもの。

母親に仕立ててもらったセーラー服で意気揚々と登校する小路でしたが、実は学校の制服はかなり前にブレザーに変わっていました。初日から恥ずかしい思いをしたものの、自分の気持ちや母親の優しさを無駄にしたくない小路は、セーラー服で通い続けることを決意します(ちなみに学校からは了承済)。

1人だけ制服の違う小路は当初から注目の的ですが、それ以上に小路の純粋で人懐っこい性格がクラスメイト達を惹きつけていきます。

みどころ

純粋な少女・小路と、クラスメイト達の交流を描いています。小路は小学校時代は田舎すぎて同年代の友人がいなかったようですが、中学は結構大きい名門校。小路はたくさん友達を作るという微笑ましい目標を立てています。

明日ちゃんのセーラー服 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
明日ちゃんのセーラー服 1(完全生産限定版)

フィーチャーされるクラスメイトは毎回変わっており、前回までほとんど出番のなかったキャラが突然主役級の描かれ方をしてびっくりすることも。小路が相手の趣味や興味に付きあう展開が多く、1話ごとにまったくテーマの違うお話にも見えてきます。それでも小路との交流がストーリーの核という点は一貫しています。キャラによっては最終的に小路にすっかり夢中。見ようによっては、小路が毎回クラスメイトを攻略していくお話にも思えてきます。

中でも木崎江利花は、小路との親密さが強調されているキャラクター。第1話で小路と最初に友達になっており、以後も小路と必要以上にいちゃつくクラスメイトを警戒するような素振りがありました。小路と江利花の絆をテーマにしたエピソードはその後も定期的に描かれており、江利花が本作のメインヒロインであることをうかがわせます。

最近の原作(単行本9巻以降)では、小路と江利花は文化祭の演劇で恋人役を演じることに。しかもキスシーンあり。ますますお互いを意識するようになっています。恋愛感情というものについて真剣に考える場面まであり、非常に盛り上がりそうな予感。

明日ちゃんのセーラー服 9 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
Amazonで博の明日ちゃんのセーラー服 9 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。