「GIRL FRIENDS」森永みるく

あらすじ

読書が趣味の大人しい女の子・まりは、同じクラスの”あっこ”から声をかけられます。それまでほとんど話したこともなかったのに、まりと友達になりたい一心で積極的に話しかけてくるあっこ。

あっこと一緒に過ごし、今まで知らなかった世界を知っていくうち、それまでは内気な性格だったまりの中にも新しい何かが目覚めていきます。

GIRL FRIENDS : 1 (アクションコミックス)

GIRL FRIENDS : 1 (アクションコミックス)

森永みるく
330円(10/04 12:12時点)
発売日: 2007/12/12
Amazonの情報を掲載しています

 みどころ

普通の女子高生達の恋と友情を描いた作品です。

物語前半は主にまりの視点から描かれており、女子高生たちの日常ものという雰囲気が強くなっています。最初は内気で大人しい正確だったまりが、あっこという親友との出会いをきっかけに
おしゃれに興味を持ったり、社交的になっていったり、その一方で以前の自分とのギャップに悩んだり…。

後半になるにつれ、あっこの視点からの描写も増え、まりとあっこの恋愛路線がよりはっきり押し出されるようになっていきます。

 百合ポイント

前半は女子高生の友情もののような感じで描かれています。

あっこがまりに声をかけるところから始まっており、
あっこが一方的仲良くなろうとしているようにも見えましたが、
だんだんまりのほうもあっこが気になりだし、
やがて自他ともに認める親友同士になります。

最初はあくまで親友どうしの友情にも見えますが、
第1巻の終盤でまりが眠っているあっこに思わずキスをしてしまうあたりからは、
2人の間にある気持ちが友情以上のものであることが示唆されるようになっていきます。

まりが自分があっこに対して抱いている強い気持ちが何なのか悩むシーンもあり、
このあたりも百合漫画としてのみどころになっています。


この作品のメインはあくまでまりとあっこですし、
登場人物の大半は女の子ですが、たまに男性キャラが登場します。
サブキャラの女の子達は普通に男と付き合っている描写がありますし、
第3巻ではまりが(理由があるとはいえ)彼氏を作るという展開があるので、
女の子同士でくっつくのが当たり前、という世界観ではありません。

また、3巻あたりからはあっこの視点から描かれる場面が増えて、
あっこのほうもまりに恋愛感情を抱いていることが明らかになるのですが、
2人の気持ちはなかなかお互いに伝わらず、すれ違うことが多くなります。

ですが最後にはちゃんとお互いの気持ちは伝わって、
幸せに結ばれ、かつ精神的にも成長した2人の姿を見ることができるので、
ぜひ最後まで読んで欲しい作品です。